使用上の注意

無理なく禁煙サポート!シガノン®CQ透明パッチ

商品詳細

<してはいけないこと>

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)

1.次の人は使用しないでください

  1. (1)

    本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。アレルギー症状を起こしたことのある成分は避けて使用する必要があります。

  2. (2)

    非喫煙者(たばこを吸ったことのない人及び現在たばこを吸っていない人)。禁煙を希望するときに使用する医薬品ですから、現在、喫煙習慣のない方が使用すると、嘔吐、下痢、めまい、虚脱感、心拍数の増加(心臓の鼓動が速くなる)等の症状が起こることがあるので、非喫煙者は使用しないでください。

  3. (3)

    現在、他のニコチン製剤を使用している人。過剰なニコチンの摂取により中毒症状を引き起こすことがあります。

  4. (4)

    妊婦、授乳婦又は妊娠していると思われる人。胎児や乳児への影響が考えられるので、使用しないでください。

  5. (5)
    重い心臓病を有する人。
    1. 1)3ヵ月以内に心筋梗塞の発作を起こした人。
    2. 2)重い狭心症と医師に診断された人。
    3. 3)重い不整脈と医師に診断された人。
    ニコチンの作用により症状を悪化させることがあります。
  6. (6)

    急性期脳血管障害(脳梗塞、脳出血等)と医師に診断された人。ニコチンの作用により症状を悪化させることがあります。

  7. (7)

    肝・腎機能障害にて医療機関で医師の治療を受けている人。ニコチンの代謝が遅れ、副作用が起こることがあります。

  8. (8)

    うつ病の既往のある人。禁煙に伴う精神的負担で、うつ病が再発することがあります。

2.次の部位には使用しないでください

  1. (1)

    目の周囲、粘膜(例えば、口腔、鼻腔、膣等)等。刺激が起きたり、有効成分の吸収が促進され、副作用があらわれやすくなります。

  2. (2)

    やけど、吹出物、切り傷、炎症等皮膚に異常のある部位。傷等のある場所に貼付すると、傷等が悪化し たり、有効成分の吸収が促進され、副作用があらわれやすくなります。

3.本剤を使用中又は使用直後はたばこを吸ったり、ニコチンガムをかんだりしないでください

体内に過剰なニコチンが摂取され、副作用があらわれやすくなります。

4.1回に2枚以上貼らないでください

体内に過剰なニコチンが摂取され、副作用があらわれやすくなります。

5.本剤は次の状態のときに使用しないでください

サウナ使用時、激しい運動時
皮膚温が高くなるとニコチンの吸収が促進され、副作用があらわれやすくなります。

<相談すること>

1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください

  1. (1)

    医師の治療を受けている人。医師から処方されている薬の作用に影響が出ることもあります。

  2. (2)

    他の薬を使用している人。使用中の薬の作用に影響が出ることもあります。

  3. (3)

    高齢者又は20歳未満の人。一般的に高齢者(65歳以上)は、生理機能が衰えていることが多いので注意が必要です。また、20歳未満の方は他の禁煙方法が適していることもあるので、医師又は薬剤師にご相談ください。

  4. (4)

    薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。薬などでアレルギー症状を起こしたことのある人は、本剤でもアレルギーを起こすことがあります。

  5. (5)

    絆創膏等にかぶれやすい人。貼付剤のため、皮膚が弱い人はかぶれを引き起こすことがあります。

  6. (6)

    医師から次の診断を受けた人。
    心臓疾患〔心筋梗塞、狭心症、不整脈等〕、脳血管障害〔脳梗塞、脳出血等〕、末梢血管障害〔バージャー病等〕、高血圧、甲状腺機能亢進、褐色細胞腫、糖尿病〔インスリン製剤を使用している人〕、消化性潰瘍、肝・腎機能障害、全身性皮膚疾患〔アトピー性皮膚炎、湿疹性皮膚炎等〕、てんかん、神経筋接合部疾患〔重症筋無力症、イートン・ランバート症候群〕
    症状が悪化したり、薬の有効性や安全性に影響することがあります。

  7. (7)

    発熱している人。皮膚温が高くなるとニコチンの吸収が促進され、副作用があらわれやすくなります。

2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください

    関係部位 症状
    皮膚 発疹・発赤、はれ、全身性の皮膚反応(じんましん、全身の発疹等)
    循環器 頻脈(脈が速くなる)、心拍数の増加(心臓の鼓動が速くなる)、心拍異常(心臓の鼓動のみだれ)、動悸、胸痛、血圧が高くなる
    消化器 吐き気、嘔吐、上腹部痛、下痢、食欲不振、消化不良、口内炎、味覚異常
    呼吸器 息苦しさ、のどのはれ、せき
    精神神経系 睡眠障害(異常な夢、不眠等)、頭痛、めまい、眠気、易刺激性、神経過敏、ふるえ
    その他 関節痛、筋肉痛、寒気、発熱、手足の痛み、全身の痛み、無力感、疲労、倦怠感、過敏症、多汗、貼付した腕が重く感じる

    本剤によるアレルギー症状であるか、本剤の薬理作用が強くあらわれたものと考えられます。

    まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

    症状の名称 症状
    アナフィラキシー様症状 使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ等があらわれる

    本剤及び海外製品で、まれに、これらの症状が起こることがありますので、手当が必要です。

3.使用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、使用を中止し、この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください

関係部位 症状
皮膚 かゆみ、刺激感
消化器 便秘
その他 口のかわき

これらの症状が、しばらくしても軽減されずに続くようであったり、増強するような場合は使用を中止し、手当が必要です。

4.本剤を1週間使用しても、喫煙本数が減らないなど禁煙できない場合は使用を中止し、この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください

喫煙本数の減少やイライラなどの症状の改善がない場合には、漫然と使用せず、医師による禁煙治療が必要な場合があります。

5.次のような場合には、下記に示す症状が生じる可能性があります

  1. (1)

    日本ではニコチンを代謝(解毒)する酵素の能力が低い人が多く(約10人に1人)存在することが知られており、これらの人が本剤を使用した場合。

  2. (2)

    喫煙本数が少ない人、小柄な人、高齢者等が使用した場合。

  3. (3)

    誤って定められた用量を超えて使用した場合。

  4. (4)

    小児が誤用した場合。

これらの場合に、次のような症状があらわれたときは、速やかに本剤をはがし、石けんを使わずに触れたところを水で洗い、直ちに医師又は薬剤師に相談してください

蒼白(顔色が青白くなる)、冷や汗、吐き気、だ液の増加、嘔吐、腹痛、下痢、頭痛、めまい、聴覚・視覚障害、ふるえ、精神錯乱及び虚脱感
急性ニコチン中毒の可能性があるので、その初期的な対処をした後、医師又は薬剤師にご相談ください。

6.用法・用量に定める期間(8週間)が終わったら、本剤の使用をやめてください。まだ、本剤が必要だと感じる場合は、医師又は薬剤師に相談してください

長期に連用するとニコチン依存がたばこから本剤に引き継がれ、本剤をやめることが困難になることがあります。

その他の注意

使用前及び使用済みのパッチとも、小児にとって、相当な量のニコチンを含有しています。よって、本剤を小児が誤飲した場合、重度の急性ニコチン中毒症状を生じ、死に至るおそれがあります。小児が誤飲した場合は、直ちに次のように対処し、速やかに医師の治療を受けてください

  • 口腔内に残っていて容易に取り出せるときには除去してください。

  • 飲み込んでいたら、無理に吐かせないでください。また、吐かせようとして水あるいは牛乳等を飲ませないでください。

  • 誤飲したときの状況を把握してください。:時刻、枚数、未使用パッチか使用済みパッチかの区別、症状(蒼白、冷や汗、吐き気、だ液の増加、嘔吐等)等

    小児が誤飲したとき、速やかな対処が必要なため、初期的な対処と医師への受診を喚起しました。

医療関係者向け医薬品情報

医療関係者の方を対象にシガノン®CQ透明パッチの情報を提供しています。提供している情報は、医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師)ならびに薬局・店舗販売業の方を対象に作成した専門的なものであり、一般の方が理解できるように配慮されたものではないことに十分ご留意ください。

 

あなたは医療関係者ですか。

  • はい
  • いいえ

医療関係者向け医療品情報

This site is intended for audiences in Japan. Copyrights©2008-2012 GlaxoSmithKline K.K. All rights reserved.