お問い合わせ

禁煙したいならシガノン®CQ透明パッチ
禁煙時のイライラなどを軽減し、継続的な禁煙をサポートするパッチタイプの禁煙補助剤

なぜ禁煙は難しいのか?

たばこを吸いたくなる2つの原因

「どうしてもガマンできなくて、つい吸ってしまった」「イライラして“1本だけならいいか”と吸ってしまった」どちらも、禁煙に失敗した時の声として、よく聞かれるものです。この失敗の原因を「意志の弱さのせい」にする方も多いようですが、それは大きなまちがいです。禁煙が難しいのは、実は「意志が弱いから」だけではありません。たばこを吸いたくなる原因には「カラダの原因」「ココロの原因」の2つがあり、どちらが欠けても禁煙は難しくなります。この2つを同時に上手にケアすることが、無理のない禁煙につながります。

たばこを吸いたくなる2つの原因
カラダの原因 ココロの原因
2つの原因を同時にケアして、無理なく禁煙。

たばこを吸いたくなる「カラダの原因」

多くの喫煙者は、習慣性の強いニコチンの科学的作用などによって、意志とは関係なくカラダが生理的にニコチンを求める体質になっています。禁煙をはじめ体内のニコチンが不足すると、脳内の「ニコチンレセプター」が活発化し「吸いたい!」という気持ちが抑えられなくなります。無理なく禁煙するには、この状態を改善する必要があります。

喫煙衝動をかきたてる「ニコチンレセプター」とは?

「ニコチンレセプター」とは、ニコチンを欲する受容体のことです。喫煙者の脳内では、このニコチンレセプターが増殖しており、禁煙することでニコチン不足になると、脳内のニコチンレセプターが暴れだし「吸いたい!」という気持ちが抑えられなくなります。やがて、喫煙をやめられなくなる「ニコチン依存症」という状態になります。

禁煙したくてもたばこをやめられない「ニコチン依存症」とは?

「ニコチン依存症」になると、喫煙をやめられなくなります。この状態から禁煙をすると、ニコチン離脱症状(イライラ、落ち着かない、集中困難など)が出て、日常生活に支障をきたします。

ニコチンレセプターの活動をやわらげるには?

禁煙によるニコチン離脱症状をやわらげるには、たばこの代わりにシガノン®CQ透明パッチで少量のニコチンを薬剤という形で摂取する「ニコチン置換療法」が効果的です。段階的に摂取するニコチン量を減らすことで、無理のない禁煙をサポートします。

たばこを吸いたくなる「ココロの原因」

多くの喫煙者は、長年の喫煙により、食後の一服やお酒を飲みながらの一服など、喫煙する習慣が染みついてしまっています。禁煙のためには、この喫煙習慣による心理的な行動をコントロールし、たばことの距離を置く必要があります。

2つの原因を同時にケアして、無理なく禁煙。

カラダとココロの原因を2つ同時にケアすることで、無理のない禁煙につながります。
禁煙補助剤シガノン®CQ透明パッチはカラダの原因をケアします。

禁煙補助パッチのメリット

This site is intended for audiences in Japan. Copyrights©2008-2010 GlaxoSmithKline K.K. All rights reserved.